news&column

ひとつまえの記事へリストへひとつ後の記事へ

シーガル 2014.4.28

フルスーツ

この“シーガル”って名称ですが、本来の意味は鳥類のカモメを指す「Seagull」なハズで、ウェットスーツの形状を表すコトバでは無いですね、ではなぜこの半袖、半ズボンタイプをシーガルと呼ぶかというと、、、って書いておきながら詳しくはよくわからないのですが、かつて某大手ウェットスーツメーカーが製造した商品にこの名称をつけて販売したものが元となっているそうです、自分がメーカーに入社した十数年前には、工場ではもう当たり前に“シーガル”と呼ばれていて、その意味に疑問を持つことはまったくなかったんですね〜、世の中には意外とそういったモノってありますよね「ホッチキス」とか、商品名がそのものの名称になっちゃうなんてすごい影響力ですよね。

このタイプをあえて形から呼びなおすとしたら「ハーフスリーブワンピース」とかになるんでしょうか?
まあ、なじめないのでこれからもSRDでは“シーガル”と表記して使わせてていただきます。

そんな“シーガル”ですが
半袖で足がフルレングスというカタチから外気温が高めで水温が比較的低い時の使用が適してると言えます。
湘南付近では春〜初夏にかけてということになるでしょうか、水温が低い地域では真夏でも活躍してくれます。
一年を通してセミドライ、フルスーツに次いで使用期間が長くとれるウェットスーツです。
夏を中心にマリンスポーツをやってみたい、始めたい!って方には、最初の一着としては最適かもしれません。
比較的脱ぎ着がラクで、水の中で運動していない時も足腰が冷やされづらい、カラダの大半が生地で覆われているのでなにかにぶつかってケガをする確率も低くなります。

あとなかにはこのスタイルが好きで多少の寒暖を気にせず、しょっちゅう着てるというヒトもいるようです♪