news&column

ひとつまえの記事へリストへひとつ後の記事へ

フルスーツ 2014.4.18

フルスーツ

“フルスーツ”=「すべて一揃い」ってなるのかな?まっ、なんとなくわかりますね、長袖、長ズボン?のウェットスーツ、それがフルスーツなんですね。このフルスーツって形は細分化するとやたら種類が多くなるので、SRDでは主に春夏シーズン用のベース生地3〜2mmで作った手足フルレングスのウェットスーツをフルスーツと呼ぶことにしています。

ココ湘南とよばれる地方中心に活動するサーファーであれば、たぶんジャージ素材で作られたフルスーツ通称「ジャーフル」が年間を通して活躍する回数が多いのではないでしょうか、ちょうど今頃ゴールデンウィーク前後〜6月くらい、と夏が終わって9月下旬〜12月くらいまで、フルスーツ以外に所有しているウェットスーツの種類によって期間はまちまちだとは思うけど、出番が多いことは間違いないと思われます。

ゆえにベースをジャージにして「耐久性重視で長く着たい」と思うのは必然、自分がサーフィンを始めて最初にオーダーしたのも確かこのタイプ、高校生の万年金欠状態(現在尚継続中)でなんとかヤリクリして、コネで安くあつらえてもらったジャーフルを手入れもロクにしないでそれこそボロボロになるまで着たおしたのをおぼえてます。

ここ最近は、3mmのセミドライスーツやネックエントリー等があるのでカテゴリー分けが複雑化しているフルレングス群ですがその辺の話はまた別ですると思います。